スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズゴック豆腐

以前書いたザク豆腐に引き続き
今度はズゴック豆腐を購入しました。


ズゴッグではなく、ズゴックなんですね、
いばらぎじゃなくていばらきに通ずるものを感じました。

などと言いながら

471.jpg

じゃじゃーん

470.jpg

今回は鍋用のようです。
冬になるのが早そうな今年、貴女もお鍋にズゴックはいかが?


とか言いながら剥きました。

472.jpg

なんとフォーク入り(笑)

なかなかかっけーです。


ザクの抜け殻と並べてみますとこんな感じに↓

473.jpg
ザクの瞳はなかなか大きかったのですね!
この瞳孔?がこちらに向くと本当にドキドキします。


そしてさらに裸に
473-a.jpg


ブクブクブク・・・・

473-b.jpg

結局この後水中任務を果たし
色々な野菜とおいしくいただかれました。

コンブだしが含まれているようで
使いやすかったです。
お父さんの大好きな湯豆腐にもいいですね。
ミニ土鍋のふたをとってみたら立ち上る湯気の中から
ズゴックがガン見。
毎日のストレスから癒されることうけあいだと思います。


さらに・・
今回はもう一つ用意してました。


474.jpg


デザート仕様のザク豆腐 typeD

こちらもこわごわ開けてみましょう。

475.jpg

お目目がひときわ目立つホワイトザク!

476.jpg

バニラの香りがプンプン

こちらの方は・・・

なぜテザートにしたのだーーーぁ


プリンとは違うのだよプリンとは

という感じのお味でした。

スポンサーサイト

ザク豆腐

先日、ホビーショーのお隣で催されていたホビークッキングフェアで
お豆腐の試食をしました。とっても美味しい焼いた厚揚げでとてもボリューミー♪
ふと横に目をやるとそこには
ネットで見たことがあったザク豆腐のケースがおいてありました。
おぉ そういえばここのお豆腐屋さんだったかも・・と
ちなみにこちらです↓↓↓

相模屋さん

そして、イオンやヨーカドーにも置いてますよ~と教えていただいたので
気がついたら地元のヨーカドーでチェックをしておりました。

すると 小さいスペースに数個のザク発見!!


437.jpg


当然買いました(笑)


枝豆味のようです。


439.jpg


裏はこんな感じでした。
キヌとは違うのだよ、キヌとは!!

絶対に楽しんで作ってますよね、このお豆腐の作り手さん(笑)


開けました♪

か・・かわいい・・

息子が喜びそう~(私が喜んでますが)

438.jpg


さらにお皿におとしてみると・・・

440.jpg

つるんとけがれを知らないお豆腐が出てきました。
味は・・枝豆の味がしっかり濃厚でしたよ~
まわりのポンプ?の部分から食べて真ん中のドーム状のところを残しつつ
最後は一気にぱくぱくと 親子で食べてしまいました。

現在空きパックは息子の部屋に飾ってあります。




このお豆腐を知ったきっかけは
この動画なんですよ~
実に良くできてて感動しました。
お豆腐とガンダムの世界観になんとなく共通点があるところが特に胸を打たれました。
↓↓↓

ザク豆腐の動画

何もかもちゃう

数年前からじわりじわりと 原因不明の小さい水漏れが玄関入り口のメーターボックスにあったのです。

ガスメーター交換のお兄さんが見てもわからず

水道管には目立った箇所もなく

ガスを使った後に起こるかな?と思うものの、ガスを使っても毎回起こるわけでもない。

むしろ、何もないときのが圧倒的に多い。

その水漏れが

子供(たぶん息子)の夜中の自動湯沸しでこれまでになくハッキリと発覚(笑)

なぜ夜中に自動給湯してお湯満タンなのにもかかわらず朝まで爆睡していたかはおいといて~(怒)

メーターボックスをあけるとこれまでマークしていなかった上部から

ポタポタと水滴がおちてきているではありませんか。

玄関先は雨に降られたようびしゃびしゃになっています。

マンションのお宅 軒並みガス湯沸器の寿命がきていて、

お湯が水になってお取替えしていますし

我が家もそろそろ寿命来るかなと

その見聞きする値段の幅に戦々恐々としていましたが

水にならずに水がもれた というー 

実に我が家らしいといえば我が家らしい結果に

結局、管理人さん→エネスタさん にお願いして取り替えることになりました。


余計な雑談しなければいいのに
ここで作業員のお兄さんと私の会話をご紹介

私「エネオスさんのお店ってどのあたりにあるんですか?」

お兄さん「・・あ エネオスではなくて・・エネスタですね エネオスはガソ・・(明らかに目が笑ってる)」

私「あ あはははは!! そうですよね~」

お兄さん「タイヨーさんの場所ってわかりますか?」

(ここで位置にピンときた私)

私「あ、もしかしたらステーキの青木とかあるあの通りの・・」

(お兄さんしばらく考え込んで)

お兄さん「たぶんステーキの青野さんですね~」

(こらえきれずお兄さんが目だけじゃなくて口も笑いたそうに)

私「あは あはは 何もかもが違ってましたね~ぷぷぷ」

お兄さん「ちょっとずつ違って大きな違いに・・ぷぷぷ」

和やかになったんだか呆れられたんだか微妙ですが~

真顔はなくなりました



これだけでは文字ばかりになってしまうので・・
息子が作ったプリンの画像をペタン

241.jpg

一時期凝ってて四回連続作って卵貧乏になっていました(笑)

恐怖の尋問

三月のある日、

引き出しにあったはずの
息子から預かっていた通帳&現金一万円強がない!と気付きました。
先に帰っていた娘に聞いてみてもよくわからない様子、

もしや・・と思い、
息子のバッグを探してみたら
お財布の中に一万数千円が・・・
正確に覚えてないものの、いくらか減っているような・・

小学生が札びらをきって
ゲームコーナーやらお店を歩いている話を
時々噂で聞いたりして
「え!?だめじゃん~」
なんて相づちうったりなんかしてたのに
まさかマイ息子がそんな事してたんでは母親としてどーなんだ!!
っていう気持ちと、
やっぱり現金持ち歩くのは日頃から危ないと注意してあったので
ほしい時は一言言ってねとも言ってあったので
これはきちんと話さねば、と。

それに理由があるかもしれないので
本人に聞いてみた。

「知らない」

最初はとぼけてくれました
でも、ネタはあがってんだぞ~~
と、証拠持ち出すも
何に使ったのかを言わないのです。
そしてどうやらお姉ちゃんも関係してそうなムード。
パパも加わり、より強い尋問へ(爆)

正直に言ってくれればいいのに
何に使ったにせよ、普通に打ち明けてくれないのが悲しくて
今までの親子関係は私の過信だったんじゃないか・・とか
頭の中やや混乱。

どうしてもお姉ちゃん関係についても口を割らないので
お姉ちゃんも呼び出す。
息子はこの時点で涙目で耐えている。
なぜそんなに意固地になっているのかすごく不思議に。

二人とも何かお茶を濁している感じで、


これは何か変。

今までこんな事はなかったじゃない?

と、自分に問いかけてみる。



Σ(・o・;) ハッ!

これは・・これは・・

まさか!?

何となく思い当たることが
向かい側にいるパパに伝えることができない。
時既に遅し、完全に彼は戦闘モード

「わかった、もういいよ~~!!」

あきれるように娘が自分の部屋から



「お誕生日おめでとう」


||||||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||||||||||||


二人が隠してたのは

私への誕生日プレゼント。


二週間も前から二人が内緒で買い物して準備してくれてたのでした。

それをね、

締め付け、尋問し、ギュウギュウ言わせて
涙目にさせて
吐かせてしまったぽぽろん夫妻┐(~ー~;)┌


それも

ちょっと前に

通りすがりにすごく私が関心をもっていじってた
ポーチだったんですねぇ・・

そんな事

覚えててくれたんだ・・・・


娘の「次はない」「信用されてない」(←一応笑いながら)

の言葉を添えて贈られた二人からのちょっぴりしょっぱいプレゼント(笑)


137.jpg


138.jpg


口がとても大きく開くので

それを絶賛していたのを娘が覚えていてくれたのです。



一応


事実発覚の後は

ひたすら平謝り&お礼の嵐な母だった事を付け加えておきます

願わくばパパに根回し、使う分だけの持ち出ししてくれたら・・
でもでもごめんよ~マイ子供達(;^_^A アセアセ・・・
誕生日なんて忘れてたorz

食玩と戦い

息子と私。
血が争えない部分が一つ、
それは・・・



並べフェチ



息子はほっとくとボーッとポケモンキッズやらガンダムやら
鼻歌歌いながら並べています。

最近再登場したシルバニアの家にプチブライスと食玩を並べて
ディスプレイしておいた私、
それがしばらく置いておくと微妙に配置が変わっているのです。

ピクッ・・絵文字名を入力してください

誰だ~私のレイアウトをいじった奴は~~墓ドロドクロmoz

一人目を合わさないが犯人・・

油断すると模様替えされるんですかお
しかも大抵散らかされますッ


小さい世界で母と息子のバトル(爆)です。

そこに小物があれば
配置して遊ぶのが本能・・・
母も痛いほどわかるのよ、でも困るのよ落ち込み

21.jpg


↑現場の模様




\(∂。\)ソノハナシハ (/。∂)/オイトイテ



先日漫画のネタにもしていた大好きな祖母が90歳で亡くなりました。
○○年ぶりに集まった時に気がついた事。
クラフター&絵描き率の高さスホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、

亡くなったおばあちゃん自身が
最後までお人形を作ろうとしていたそうで
今までの作品が
飾り棚に叔母さんの作品と一緒に並べられてました。
作る楽しさは90代になっても衰えず。

すごくいい先輩見つけました(笑)

手作りスピリッツをしっかり引き継いで次の世代にも
楽しんでもらえるような作品を
私も作っていけたら幸せだなぁと感じました。





P.S ブートキャンプのキャッシュバックはしっかりされてました~
copyright (c) すぃーとぽぽろん all rights reserved.

プロフィール

ぽぽろん@さくら

Author:ぽぽろん@さくら
猫&手作り大好き。
こちらのブログでは日々の生活に
おっちょこちょい風味を
おりまぜて

楽しくお送りしたいと思います。

フェイスブック♪

お勧め


いらっしゃいませ♪

月別アーカイブ

ブログ内検索

頼りにしてるのはここ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

応援中


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。